10月16日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第22回戦は、5対1で千葉ロッテが勝利。カード初戦を白星で飾った。

 千葉ロッテは初回、先頭の藤原恭大選手が北海道日本ハム・杉浦稔大投手の直球を捉え、打球はライトスタンドへ。藤原選手の2号ソロとなる先頭打者本塁打で先制すると、同点に追いつかれた3回裏にはマーティン選手の25号2ランで勝ち越しに成功。序盤から一発攻勢でリードを奪う展開を見せる。

 先発の二木康太投手は3回表に味方の失策で1点を失うも、勝ち越した4回表からは要所を締める粘りの投球で北海道日本ハム打線を抑え込み、6回114球3安打1四球4奪三振1失点(自責0)と役割を果たしたところで救援陣に後を託した。

 6回裏に捕逸と田村龍弘選手の4号ソロで追加点を挙げた千葉ロッテは、7回表を唐川侑己投手が3者凡退に締めると、8回表は澤村拓一投手がつなぐ。4点をリードする9回表は益田直也投手が無失点で締めて試合終了。

 

 勝利した千葉ロッテは3本塁打で効果的に得点を重ね、藤原選手と田村選手は複数安打をマーク。二木投手は今季7勝目を挙げ、自己最多の勝利数に並んだ。一方の敗れた北海道日本ハムは先発の杉浦投手が2本塁打を被弾するなど、一発に苦しんだ。打線も散発5安打、敵失による1点にとどまった。

  123456789 計 日 001000000 1 ロ 10200200X 5 日 ●杉浦稔大-堀瑞輝-加藤貴之-井口和朋-公文克彦-金子弌大 ロ ○二木康太-唐川侑己-澤村拓一-益田直也 文・和田信