10月16日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天イーグルスの第22回戦は、7対3で福岡ソフトバンクが勝利。投打がかみ合い、連勝を「6」に伸ばした。

 福岡ソフトバンク打線は初回から楽天先発・塩見貴洋投手を攻め立てる。2番・川島慶三選手が安打で出塁すると、これを皮切りに6連打と打線がつながり4点を先取。続く2回裏には、楽天の2番手・酒居知史投手から甲斐拓也選手がライトスタンドへの9号ソロを放つと、3回裏にも松田宣浩選手の10号2ランが飛び出し、さらに追加点を重ねた。

 先発のムーア投手は3回表、下水流昂選手に1号2ランを被弾。4回表にも1点を失ったが、以降は7回まで反撃を許さない投球を披露した。8回表は嘉弥真新也投手高橋礼投手で1イニングを抑えると、4点リードの9回表は松本裕樹投手が無失点で締め、7対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは松田宣選手が3安打3打点の活躍を見せ、8年連続2桁本塁打を達成した。ムーア投手は7回107球6安打1四球2死球8奪三振3失点(自責2)と試合をつくり5勝目を挙げた。一方の敗れた楽天は、初回に4失点を喫した塩見投手がアクシデントで降板すると、後を受けた救援陣も福岡ソフトバンク打線の勢いを止められず。打線は下水流選手が2安打3打点と全打点を挙げるも、全体としてつながりを欠いた。

  123456789 計 楽 002100000 3 ソ 41200000X 7 楽 ●塩見貴洋-酒居知史-宋家豪-D.J.ジョンソン-福山博之-津留崎大成 ソ ○ムーア-嘉弥真新也-高橋礼-松本裕樹 文・和田信