10月13日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第22回戦は、福岡ソフトバンクが2対0で接戦を制した。

 福岡ソフトバンクは3回表、オリックスの先発・山本由伸投手に対して1死から9番・川瀬晃選手が安打で出塁すると、続く1番・周東佑京選手の適時三塁打で先制に成功。打った周東選手は、「甘い球を1球でしっかり捉える事ができました。なかなかチャンスがない投手と思っていますし、先制できて良かったです」と振り返った。

 以降は両先発投手による緊迫した投手戦が展開された。福岡ソフトバンクの先発・笠谷俊介投手はオリックス打線に対して2塁を踏ませない投球を披露。1点をリードの6回から継投に入ると、6回裏は高橋礼投手、7回裏は岩嵜翔投手が無失点でつなぐ。8回裏はモイネロ投手が無安打ピッチングを見せると、9回表に栗原陵矢選手の適時打で1点を追加。2点リードで迎えた最終9回裏は守護神・森唯斗投手が締めて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、笠谷投手が5回1安打2四球無失点の好投を披露し、中継ぎ陣も無失点でつないだ。敗れたオリックスは、山本投手が8回5安打2四球1失点の力投を見せるも、打線がわずか4安打と貧打に苦しみ、惜敗した。

  123456789 計 ソ 001000001 2 オ 000000000 0 ソ ○笠谷俊介-高橋礼-岩嵜翔-モイネロ-S森唯斗 オ ●山本由伸-富山凌雅-比嘉幹貴 文・後藤万結子