10月13日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天イーグルスの第19回戦は、4対3で千葉ロッテがサヨナラ勝利を飾った。

 千葉ロッテの先発は石川歩投手。初回に鈴木大地選手に4号ソロを浴びると、2回表に6番・田中和基選手小郷裕哉選手の連打などで無死2、3塁から、8番・辰己涼介選手の内野ゴロの間に1点を失う。なおもピンチで足立祐一選手に適時打を許し、3対0と序盤からリードを奪われる。

 楽天の先発・則本昂大投手の前に、5回までわずか2安打に抑えられていた千葉ロッテ打線だったが、6回裏に9番・西巻賢二選手と藤原恭大選手の連続打などで好機を演出すると3番・マーティン選手の内野ゴロの間に1点を返上。7回裏には中村奨吾選手に8号ソロが飛び出し、3対2と1点差まで詰め寄る。

 石川投手も3回以降は楽天打線を無失点に抑える快投を披露。7回98球8安打4奪三振3失点の内容で降板し、チームの逆転を待つ。8回表をチェン・グァンユウ投手が走者を背負いながらも追加点を許さない力投でつなぐと、直後の8回裏に代打・加藤翔平選手が二塁打を放ちチャンスメイク。2死3塁の場面で2番手・牧田和久投手のワイルドピッチが飛び出し同点に追い付いた。

 9回表は益田直也投手が四球を与えながらも、後続を三振に打ち取り、試合の流れを引き寄せる。すると直後の9回裏、6番・福田秀平選手が安打で出塁すると、続く井上晴哉選手に長打が飛び出し、福田秀選手が一気に本塁に帰還。千葉ロッテが見事な逆転劇でサヨナラ勝利を収めた。

 勝利した千葉ロッテは投手陣が奮闘。石川投手が序盤に3点を失うも、以降は追加点を許さず。後を受けたリリーフ陣も、楽天打線を抑えてサヨナラ勝利につなげた。打線では中村奨吾選手が8号ソロを含む猛打賞を記録し、打線をけん引した。

 一方敗れた楽天は、則本昂投手が7回103球5安打7奪三振2失点の好投も、救援陣がリードを守り切れず白星を逃した。打線では小郷裕哉選手と小深田大翔選手がマルチ安打を記録している。

  123456789

  計 楽 120000000

  3 ロ 000001111X 4 楽 則本昂大-牧田和久-●ブセニッツ ロ 石川歩-チェン・グァンユウ-○益田直也 文・下村琴葉