10月11日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと埼玉西武の第19回戦は、8対2で楽天イーグルスが勝利。ドラフト6位ルーキーの瀧中投手が9回途中2失点の快投でプロ初勝利を挙げ、4位埼玉西武とのゲーム差を再び「1.5」とした。

 楽天の先発・瀧中瞭太投手は初回を3つのゴロで打ち取る完璧な立ち上がりを見せ、4回まで完全投球を続ける。5回表に栗山巧選手からこの試合初安打を浴び、2死1、3塁のピンチを背負ったものの、ここは無失点に切り抜け試合を折り返した。

 瀧中投手の好投に応え、打線は埼玉西武の先発・松本航投手の立ち上がりを攻める。1回裏、先頭の小深田大翔選手、鈴木大地選手の連打で鮮やかに1点を先制すると、6番・田中和基選手の適時打で1点追加。さらに2回裏に島内宏明選手の犠飛、3回裏には小郷裕哉選手の2号ソロで2点を挙げ、序盤から4点のリードを奪った。

 中盤にかけても打線は攻撃の手を緩めず。4回裏に浅村栄斗選手の30号ソロ、5回裏に小深田選手の適時二塁打などで2点、6回裏は田中和基選手の8号ソロとコンスタントに得点を挙げ、スコアは8対0に。

 頼もしい援護を受けた瀧中投手は、6回以降も落ち着いた投球。8回まで無失点に抑え、9回表のマウンドへ。連打を許すなど2死2、3塁のピンチを背負うと、メヒア選手の適時二塁打で2点を失ったところで降板したが、最後は寺岡寛治投手が後続を打ち取り8対2で試合終了。

 勝利した楽天は先発の瀧中投手が9回途中5安打無四球8奪三振2失点の快投でプロ初勝利を挙げた。打線も初回から幸先良く先制すると、6回まで毎回得点を挙げる猛攻でルーキーを援護。4位・埼玉西武とのゲーム差を再び「1.5」に広げた。一方の埼玉西武は先発の松本投手が4回5失点(自責点4)と振るわず。打線も8回まで無得点に終わり、3位浮上とはならなかった。

  123456789 計 西 000000002 2 楽 21112100X 8 西 ●松本航-松岡洸希-田村伊知郎-小川龍也 楽 ○瀧中瞭太-寺岡寛治 文・丹羽海凪