10月11日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第18回戦は、福岡ソフトバンクが3対0で勝利。首位攻防最終ラウンドを制し、宿敵・千葉ロッテを相手にカード勝ち越しを決めた。

 試合は初回、福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手、千葉ロッテの先発・美馬学投手ともに得点圏に走者を背負うも、無失点で立ち上がる。

 3回裏、福岡ソフトバンクは1死から1番・周東佑京選手の安打などで2死2塁の好機を得ると、3番・中村晃選手の適時二塁打で先制に成功。打った中村選手は「チャンスだったし、何が何でも先制するという気持ちをもって打ちにいきました。先制点を取れて良かったです」と振り返った。

 勢いに乗りたい福岡ソフトバンクは4回裏、先頭の松田宣浩選手が9号ソロを放ち1点を追加する。さらに7番・バレンティン選手が安打で出塁すると、犠打などで3塁に進塁。ここで周東選手の適時打で1点を追加し、スコアを3対0とする。

 逃げ切りたい福岡ソフトバンクは6回から継投に入る。6回表は泉圭輔投手、嘉弥真新也投手、高橋礼投手の3投手を投入し無失点で抑えると、7回表は岩嵜翔投手、8回表はモイネロ投手が無失点でつなぐ。迎えた最終9回表は守護神・森唯斗投手が、走者を背負いながらも、無失点に締めて試合終了。通算100セーブを達成した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、和田投手が5回を投げて1安打6奪三振無失点で今季7勝目を挙げると、打線もつながりを見せ、序盤から主導権を握る展開を見せた。一方敗れた千葉ロッテは、美馬学投手が7回8安打3失点と粘投するも、打線がわずか3安打と機能せず、連敗を喫した。

  123456789 計 ロ 000000000 0 ソ 00120000X 3 ロ ●美馬学-東條大樹 ソ ○和田毅-泉圭輔-嘉弥真新也-高橋礼-岩嵜翔-モイネロ-S森唯斗 文・山本理絵