10月8日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと楽天イーグルスの第21回戦は、4対1で楽天イーグルスが勝利。連敗を止め、今カードを1勝1敗1分で終えた。

 楽天は4回表、5番・銀次選手と6番・田中和基選手の連打で無死2、3塁のチャンスを作ると、続く小郷裕哉選手が粘った末に適時打を放ち、1点を先制。なおも2死満塁のチャンスで2番・鈴木大地選手に押し出しの四球、3番・浅村栄斗選手に適時打が生まれ3点を追加。4対0と試合の主導権を握る。

 援護を受けた楽天の先発・岸孝之投手は4回裏に近藤健介選手に適時打を浴び1点を失うも、以降は凡打の山を築き、北海道日本ハム打線を封じこめる。7回に1死1塁の場面で8番・樋口龍之介選手を三振に打ち取ったところで投手交代。勝利投手の権利を得て、マウンドを後に託す。

 2番手・松井裕樹投手が1.1回を無失点に抑えて勝利を引き寄せると、9回裏をブセニッツ投手が3者凡退に打ち取り、4対1で試合終了。

 勝利した楽天は先発の岸孝之投手が6.2回124球4安打2四球7奪三振1失点の好投で3勝目をマーク。打線では小郷裕哉選手が先制適時打で勝利に貢献、浅村栄斗選手は2試合連続打点を記録している。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発のマルティネス投手が3.2回6安打4四球4奪三振4失点と序盤に打ち崩され、試合を作ることができず。打線は長打が飛び出すも、決定打を欠き、わずか1得点のみに終わった。

  123456789 計 楽 000400000 4 日 000100000 1 楽 ○岸孝之-松井裕樹-Sブセニッツ 日 ●マルティネス-堀瑞輝-西村天裕-加藤貴之-金子弌大 文・下村琴葉