10月7日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと楽天イーグルスの第20回戦は、2対2で延長10回規定により引き分け。対戦成績を9勝9敗2分けとした。

 バーヘイゲン投手は5回表に浅村栄斗選手に適時打を浴び、先制点を献上。1点を追いかける打線は6回裏、1死1塁から5番・王柏融選手に適時打が生まれ同点に追い付くと、3者連続四球でさらに1点を追加。好投を続ける涌井投手から2点を挙げ、勝ち越しに成功する。

 バーヘイゲン投手は6回102球5安打4四球5奪三振1失点の内容で降板。1点リードの7回表は、ピンチを迎えた公文克彦投手から、玉井大翔投手へつなぐ継投で1イニングを抑える策に出るも、浅村選手に適時打を許し、すぐさま試合は振り出しに。

 8回表には宮西尚生投手を投入。連打で無死1、2塁と一打勝ち越しのピンチを背負うも、後続を三振と併殺打に打ち取りこの場面を切り抜けた。9回表には秋吉亮投手が無失点でつなぎ、試合は延長戦へ。

 10回表は西村天裕投手が楽天の中軸を3者凡退に抑える好投。打線は10回裏に2死から4番・近藤健介選手の二塁打などでサヨナラのチャンスを作るも、後続が倒れて試合終了。

 北海道日本ハムは中盤に一時勝ち越しに成功するも、救援陣がそのリードを守り切れなかった。一方の楽天は、浅村選手が4安打2打点の固め打ち。リリーフ陣は4イニングを無失点でつなぐ力投を見せた。

  123456789 計 楽 0000101000 2 日 0000020000 2 楽 涌井秀章-松井裕樹-牧田和久-ブセニッツ-福山博之-寺岡寛治 日 バーヘイゲン-公文克彦-玉井大翔-宮西尚生-秋吉亮-西村天裕 文・和田信