10月6日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと楽天イーグルスの第19回戦は、5対3で北海道日本ハムが勝利。カード初戦を白星で飾り、連敗を「3」で止めた。

 北海道日本ハムは初回、楽天の先発・則本昂大投手に対して、先頭・西川遥輝選手の安打や盗塁などで2死2塁とすると、今季初の4番に座った近藤健介選手の適時打で1点を先制。なおも好機で6番・王柏融選手に適時内野安打が生まれ、初回から2点のリードを得る。

 4回表に逆転を許すも、5回裏に先頭の清水優心選手、西川選手の連打などで1死2、3塁とすると、続く3番・大田泰示選手に11号3ランが生まれ、再びリードを奪う。

 先発の上沢直之投手は4回表、安打や四球でピンチを招くと、ゴロに失策が絡み2点を献上。さらに和田恋選手の適時打で逆転を許すも、以降2イニングは無失点に抑える力投を見せた。

 上沢投手は7回表に連打などで1死2、3塁としたところで降板。このピンチを2番手・公文克彦投手、3番手・玉井大翔投手の小刻みな継投で切り抜けると、8回表は秋吉亮投手が無失点でつなぐ。2点リードで迎えた最終9回表は、宮西尚生投手が締めて試合終了。北海道日本ハムが5対3で勝利を収め、上沢投手が7回途中7安打3失点(自責点1)の内容で8勝目をマークした。

 一方敗れた楽天は、則本昂大投手が6回9安打2四球9奪三振5失点で5敗目。打線も好機であと1本が出ず、惜敗した。

  123456789 計 楽 000300000 3 日 20003000X 5 楽 ●則本昂大-D.J.ジョンソン-宋家豪 日 ○上沢直之-公文克彦-玉井大翔-秋吉亮-S宮西尚生 文・後藤万結子