10月6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第19回戦は、3対0でオリックスが勝利。投打がかみ合い、連勝を飾った。

  オリックスは3回表、8番・小田裕也選手の1号ソロで先制。続く伏見寅威選手が二塁打を放ちチャンスを作ると、2番・T-岡田選手が適時打を放ち、この回2得点。さらに4回表にはモヤ選手とジョーンズ選手の連打で無死1、3塁とすると大下誠一郎選手に適時打が生まれ、3対0とリードを広げる。

 先発の山本由伸投手は、緩急自在の投球で千葉ロッテを抑え込み、8回110球2安打2四球9奪三振無失点の好投を披露。援護にも恵まれ8勝目の権利を持って降板すると、最終回はディクソン投手が3者凡退に打ち取り、試合終了。

 勝利したオリックスは、山本投手が8勝目をマーク。苦手とする千葉ロッテとのカード初戦を制した。一方敗れた千葉ロッテは、先発の石川歩投手が7回108球8安打2四球4奪三振3失点の力投も、8勝目は挙げられず。思わぬ形で主力が欠けた打線は、山本投手の前にわずか2安打に終わった。なお、1年ぶりの一軍登板を果たした佐々木千隼投手が、1回を3者凡退に抑える好投を見せている。

  123456789 計 オ 002100000 3 ロ 000000000 0 オ ○山本由伸-Sディクソン ロ ●石川歩-チェン・グァンユウ-佐々木千隼 文・下村琴葉