10月4日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第21回戦は、8対4で福岡ソフトバンクが勝利。同一カード3連勝を飾り、連勝を「4」とした。

 福岡ソフトバンクは初回、5番・松田宣浩選手の適時二塁打で先制すると、続く栗原陵矢選手にも2点適時打が生まれ、3点を先取。その後も制球に苦しむ北海道日本ハムの先発・河野竜生投手から押し出し四球で1点を追加するなど、打者一巡の攻撃でスコアを4対0とした。

 3回裏には栗原選手に13号ソロが飛び出し、5点の援護を受けた福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手は、大田泰示選手、近藤健介選手に本塁打を浴びるものの、5回3失点でリードを守り、中継ぎ陣に後を託した。

 6回表は、高橋礼投手がマウンドへ。北海道日本ハムの2番・杉谷拳士選手の適時打で1点差に詰め寄られるも、同点は許さない。直後の6回裏、周東佑京選手の1号3ランで貴重な追加点を挙げると、7回表からは泉圭輔投手、嘉弥真新也投手、松本裕樹投手が無失点でつなぎ、8対4で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、栗原選手が本塁打を含む2安打3打点、周東選手も今季初本塁打を含む猛打賞の活躍を見せた。先発の和田投手は今季6勝目をマークした。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の河野投手が1回持たずノックアウト。一時1点差まで詰め寄るも、反撃及ばず同一カード3連敗を喫した。

  123456789 計 日 010201000 4 ソ 40100300X 8 日 ●河野竜生-西村天裕-村田透-加藤貴之-堀瑞輝-玉井大翔-金子弌大 ソ ○和田毅-高橋礼-泉圭輔-嘉弥真新也-松本裕樹 文・岩井惇