10月4日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第20回戦は、8対1で千葉ロッテが勝利しカード勝ち越しを決めた。

 初回に金子侑司選手の一発により先制された千葉ロッテであったが、2回裏、福田秀平選手の2試合連続となる5号ソロですぐさま同点に追い付く。3回裏には2つの四球で2死1、2塁とすると4番・安田尚憲選手、5番・井上晴哉選手が連続適時二塁打を放ち、3点を挙げ4対1とリードを広げる。

 追加点が欲しい千葉ロッテは6回裏、1死2、3塁とすると9番・藤岡裕大選手の適時打、続く荻野貴司選手の犠飛で2点を挙げ、埼玉西武を突き放す。さらに8回裏には、福田秀選手と田村龍弘選手の安打などで無死満塁のチャンスをつくると、藤岡選手の犠飛、代打・角中勝也選手の適時打で2点を追加し、9回のマウンドに上がる美馬投手を後押しする。

 千葉ロッテの先発・美馬学投手は、初回に本塁打を許すも以降は凡打の山を築き、8回まで埼玉西武打線を2安打に抑え込む。最終回には森友哉選手、金子選手に安打を許し本日最大のピンチを背負うも、源田壮亮選手を併殺打に打ち取り試合終了。美馬投手は9回100球4安打2奪三振1失点と9勝目を完投勝利で飾った。

 一方の敗戦した埼玉西武の先発・松本航投手は5回110球3安打5奪三振5四球4失点と制球に苦しみ、課題の残る登板となった。打線も美馬学投手の前にわずか4安打に倒れ、金子侑司選手の本塁打による1得点のみに終わった。

  123456789 計 西 100000000 1 ロ 01300202X 8 西 ●松本航-中塚駿太-國場翼-田村伊知郎 ロ ○美馬学 文・下村琴葉