10月4日、東京六大学秋季リーグの第3週2日目が行われ、第1試合では慶大が隙をついた走塁や森田晃介(3年・慶應)の好投などで4対2と立大を下して開幕4連勝を飾った。

好走塁で自らの投球も楽にした森田

慶大・堀井哲也監督が「選手たちが点を取れない時にいかにして点をとるか、どういう走塁をするかをしっかりと意識してくれています」と試合後振り返ったように、慶大が随所で好走塁を見せた。
まずそれを体現したのは先発投手の森田だ。3回に先頭打者として死球で出塁すると、その後エンドランで二塁へ。そして相手捕手が弾いたのを見逃さずに三塁を陥れると、その後廣瀬隆太(1年・慶應)の内野安打で先制のホームを踏んだ。
4回にも内野ゴロと渡部遼人(3年・桐光学園)の内野安打で2点を奪った慶大は5回にも好走塁から得点が生まれる。先頭の正木智也(3年・慶應)がレフト前安打で出塁すると、続く下山悠介(2年・慶應)のセンター前安打で相手外野手がもたついているのを見逃さず、再加速して三塁を陥れた。この後、満塁として内野ゴロの間に正木が4点目のホームを踏んで、これがダメ押し点となった。

投げては自らの好走塁で先制点を得た森田が「ピンチでも粘り強くできることができました」と7安打を許しながらも8回を1失点にまとめた。9回には代わった生井惇己(2年・慶應)が、東怜央(3年・福大大濠)にソロ本塁打を打たれるが後続を落ち着いて抑えて慶大が勝利。
これで慶大は開幕4連勝、立大は開幕4連敗となった。

3点目を俊足生かした内野安打で奪った渡部

■立教大vs慶應義塾2回戦
立大 000010001=2
慶大 00121000X=4
【立】●中﨑、栗尾、宮海、比屋根、池田陽-竹葉
【慶】○森田、生井-福井
本塁打:立大・東(9回ソロ)

◎慶大・森田晃介(3年・慶應)
「失点しても最少失点に抑えようと思って投げました。(三塁を陥れた場面は)中崎投手も良い球を投げていたので狙っていました。昨年は全力疾走の後に足がつってしまったこともありましたが、今年は体を“しなやかに強く”と取り組んできました」

◎立大・溝口智成監督
「(中崎の2試合連続先発について)昨日あまり球数を投げていませんでしたし、苦しい台所事情もあって彼がベストと判断しました。相手に余計に1つ、塁を許したりアウトを与えてしまう場面が複数ありました。再スタートにあたってはそうしたことがポイントになると思います」

文・写真=高木遊