10月2日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第19回戦は、7対5で福岡ソフトバンクが勝利。中盤の集中打で突き放してシーソーゲームを制し、カード初戦を取った。

 福岡ソフトバンクは1回裏、北海道日本ハムの先発・上原健太投手の立ち上がりを攻め2死2塁のチャンスを作ると、4番に入っている左キラー・川島慶三選手が「自分のバッティングをしようと思った」と、起用に応える適時打を放ち、1点を先制。

 3回表に逆転を許したものの、直後の3回裏には柳田悠岐選手の右前適時打で同点に追い付くと、中村晃選手の犠飛ですぐさま逆転に成功する。再び1点を追う4回裏には、松田宣浩選手の8号2ランでリードを奪い返すと、さらに代わった村田透投手から2点を追加。7対4とリードを3点に広げる。

 援護を受けた先発のムーア投手は5回表、6回表と相手打線を3者凡退に抑え、流れを引き寄せた。7回以降は高橋礼投手、モイネロ投手が無失点でつなぐと、9回表は森唯斗投手が大田泰示選手に9号ソロを浴びながらも後続を抑え、試合終了。

 松田選手の本塁打で試合をひっくり返し、主導権を握った福岡ソフトバンクが連勝。ムーア投手は、6回4安打2四球6奪三振4失点と苦しみながらも4勝目をマークした。一方敗れた北海道日本ハムは、打線が2度逆転に成功するも、上原投手が3.1回5失点と踏ん張れなかった。

  123456789 計 日 002200001 5 ソ 10240000X 7 日 ●上原健太-村田透-西村天裕-加藤貴之-金子弌大 ソ ○ムーア-高橋礼-モイネロ-S森唯斗 文・小野寺穂高