10月1日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第21回戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利。杉浦稔大投手は自己最多を更新する6勝目を挙げた。

 中14日での登板となった北海道日本ハム先発・杉浦投手は、力強い直球を武器に3回までに7奪三振と圧巻の投球を披露。対する千葉ロッテ・岩下大輝投手も2回裏に迎えた1死満塁のピンチを凌ぐなど、要所を締める粘りの投球で3回まで無失点。お互いに譲らぬ展開で試合は中盤へと差し掛かる。

 北海道日本ハムは4回表、ピンチを迎えた杉浦投手が中村奨吾選手に適時打を浴び先制点を献上するも、直後の4回裏に7番・清宮幸太郎選手が捉えた打球はライトスタンドへ。これが6号ソロとなり試合を振り出しに戻すと、続く5回裏には1番・西川遥輝選手の四球から作った2死2塁の場面から、4番・中田翔選手に適時打が生まれ勝ち越しに成功する。

 援護を受けた杉浦投手は千葉ロッテの反撃を許すことなく、6回を投げ切ったところで降板。108球5安打9奪三振2四死球1失点と試合を作った。しかし7回表から登板の2番手・公文克彦投手が2死3塁のピンチを作ったところで、3番手・秋吉亮投手へスイッチ。1四球を与えたものの無失点に抑え、このピンチを切り抜けた。

 北海道日本ハムは7回裏、9番・宇佐見真吾選手が千葉ロッテの2番手・東妻勇輔投手の代わり端を捉える3号ソロをレフトへたたき込みリードを2点に広げたが、8回表に2死を奪った堀瑞輝投手の後を受けてマウンドへ上がった5番手・玉井大翔投手が連打を浴び失点。1点差とされた9回表には宮西尚生投手が無失点に締めて3対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先制を許したものの中盤のチャンスを生かし逆転勝利を果たした。一方の敗れた千葉ロッテは岩下投手が6回106球6安打3奪三振3四死球2失点と試合を作るも、打線が再三のチャンスにあと一打が出ず。連勝は「3」でストップした。

 

  123456789 計 ロ 000100010 2 日 00011010X 3 ロ ●岩下大輝-東妻勇輔-東條大樹-小野郁 日 ○杉浦稔大-公文克彦-秋吉亮-堀瑞輝-玉井大翔-S宮西尚生 文・和田信