10月1日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と福岡ソフトバンクの第21回戦は、4対1で福岡ソフトバンクが勝利した。投手陣の粘りに打線が奮起し、楽天の中継ぎ陣を捉えた。

 福岡ソフトバンクの先発は石川柊太投手。4回裏に本塁打で先制を許すものの、それ以降失点を許さない粘りの投球を見せ、味方の反撃を待つ。

 カード勝ち越しを決めたい福岡ソフトバンクは、7回表、この回からマウンドに上がった松井裕樹投手を捉える。1死1塁から栗原陵矢選手の適時二塁打で同点に追いつくと、続く甲斐拓也選手がスクイズを決め一気に逆転に成功した。

 7回裏は嘉弥真新也投手とモイネロ投手を投入し、ピンチを背負いながらも無失点に抑える。8回表に中村晃選手の適時打で追加点を挙げ流れを引き寄せると、9回表には甲斐拓也選手の8号ソロで試合を決定づけた。9回裏は森唯斗投手が0点で締め試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が6.1回3安打5四死球6奪三振1失点の粘投を見せると、打線が終盤に逆転してカード勝ち越しに成功した。一方、敗れた楽天は先発の岸孝之投手が6回1安打2四球4奪三振無失点の好投を見せるも、今季初めて中継ぎとして登板した松井投手が逆転を許すなど、中継ぎ陣が踏ん張り切れなかった。

  123456789 計 ソ 000000211 4 楽 000100000 1 ソ ○石川柊太-嘉弥真新也-モイネロ-S森唯斗 楽 岸孝之-●松井裕樹-牧田和久-D.J.ジョンソン 文・小野寺穂高