JRAが9月30日、10月10日から制限付きながら競馬場(東京・京都・新潟)への観客入場を再開させることを発表。藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本=も期待を寄せた。「少しずつでもファンの方が戻ってきてくれるのはうれしいです。無観客になって半年以上がたちますが、それに慣れてしまっているのが悲しいことです。何よりもファンの声援はありがたいですし、ファンあっての競馬ですからね。一日でも早く元の姿に戻ってくれることを願うばかりです」と話し、競馬場にファンが戻ってくることを歓迎した。

 2月15日の小倉で落馬し、左鎖骨骨折のため戦線離脱を余儀なくされた。休養期間中に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客開催となり、3月20日の中山での復帰戦も、4月25日に福島でJRA通算100勝を達成した時も無観客だった。それだけにファンの前で騎乗できることを心待ちにしている。