9月30日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと福岡ソフトバンクの第20回戦は、序盤に大量得点で主導権を握った楽天イーグルスが9対3で快勝。先発の涌井秀章投手は4年ぶりの2桁勝利を達成した。

 試合を動かしたのは楽天。1回裏、先頭の小深田大翔選手が内野安打で出塁すると、続く鈴木大地選手が適時二塁打を放ち、9球で1点を先制。さらにバッテリーミスなど守備の乱れが続きこの回3点を追加。わずか2安打で4点を先制する。

 攻撃の手を緩めない楽天は2回裏、この日一軍に昇格し、即スタメンに抜てきされた小郷裕哉選手が今季初本塁打を放つなど3点を追加し、点差を7点に広げる。6回裏と8回裏にも1点ずつ追加し、7安打9得点と打線が奮起した。

 大きな援護を受けた涌井投手は、安定感抜群の投球を披露。8回6安打3四球5奪三振2失点の好投で福岡ソフトバンク打線を抑え込んだ。9回表は酒居知史投手が1点を失うものの、反撃を振り切り試合終了。

 勝利した楽天は、投打がかみ合い連敗を「4」で止め、このカードも1勝1敗の五分に戻した。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の武田翔太投手が1.0回7失点と誤算。打線の反撃も及ばず、悔しい敗戦となった。

  123456789 計 ソ 000010011 3 楽 43000101X 9 ソ ●武田翔太-津森宥紀-杉山一樹-松本裕樹-川原弘之 楽 ○涌井秀章-酒居知史 文・小野寺穂高