ダメ押しとなる2ランを放った慶大・廣瀬

慶大は4回、ヒットと四球で1死一、二塁のチャンスで橋本典之(3年・出雲)がレフトへタイムリーを放ち先制。さらに福井章吾(3年・大阪桐蔭)もタイムリー、続く瀬戸西純(4年・慶應)が犠飛を放ち、この回3得点。続く5回は死球で出塁した走者が犠打と2暴投で生還し、リードを広げる。
東大の追い上げもあり、4対3で迎えた7回は無死一塁から廣瀬隆太(1年・慶應)がレフトスタンドへ2ランを放ち、待望の追加点を挙げた。

投げては1点差に迫られた5回途中、なおも1死一塁と続くピンチに登板した2番手・小林綾(2年・松本深志)が後続を打ち取り、1回2/3を無失点の好投。3番手の渡部淳一(2年・慶應)、4番手の生井惇己(2年・慶應)がそれぞれ2回をパーフェクトに抑え、逃げ切った。

初登板初勝利の慶大・渡部淳は好リリーフで流れを渡さなかった

東大は序盤から走者を出しながらも1点が遠い展開だったが、4点を追う5回、ヒットと二塁打で1死三塁のチャンスに早川怜志(4年・菊里)がタイムリー二塁打を放ち、続く石元悠一(4年・桐朋)のタイムリーで二者が生還し、1点差に迫る。しかし後続が倒れ、その後は追加点が奪えず。外野陣に好プレーもあったが、慶大打線の猛攻にあい、点差が広がっていってしまった。
試合後、井手峻監督は「もうちょっとですね」と肩を落としながらも「(先発した)西山がやっといいものを出してくれました」とねぎらった。

■慶應義塾大vs東京大
慶大 000 310 202=8
東大 000 030 000=3
【慶】森田、小林綾、〇渡部淳、生井-福井
【東】●西山、小宗、奥野、横山-大音
本塁打:慶應義塾大・廣瀬《7回2ラン》

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「昨日同様、粘り切ったゲームでした。今日は廣瀬の2ランと渡部のリリーフでしょうね。ポイント2は最高のスタートだと思います。」
◎慶應義塾大・廣瀬隆太(1年・慶應)
「スライダーが甘く入ってきたので、芯に当てるだけでよく飛んでくれました。どうしても東大に流れが行っていたので、自分の一打で流れを引き寄せられればなと思っていました」
◎慶應義塾大・渡部淳一(2年・慶應)
「緊張はしたのですが、緊張は力にもなるのでそこはプラスに捉えて、自分ができることをやろうと思っていました。点をやらないというよりは、自分の出来ることをやろうと思っていました」