9月26日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天イーグルスの第16回戦は、5対1で埼玉西武が勝利。先発のノリン投手にアクシデントも、救援陣が奮闘して連勝を飾った。

 本拠地初登板となった埼玉西武の先発・ノリン投手は初回を3者凡退に抑える立ち上がりを見せるも、2回表開始前にアクシデントで緊急降板。2番手で登板した中塚駿太投手はロメロ選手に先制適時打を許したが、後続を打ち取り2イニングを1失点に抑える。

 4回表は小川龍也投手が3人で終えると、直後の4回裏、楽天の先発・石橋良太投手から3番・スパンジェンバーグ選手の安打などで2死1、3塁とし、相手バッテリーミスの間に同点とする。その後は勝ち越しの好機を得ながら得点できずにいたが、救援陣が奮闘。5回表を國場翼投手、6回表を宮川哲投手と無失点でつなぎ、7回表は森脇亮介投手が3者凡退に抑える。

 すると7回裏、先頭の8番・森友哉選手が安打で出塁。代打・岡田雅利選手が犠打で送り、さらに1番・木村文紀選手は死球で1死1、2塁と好機を拡大する。この絶好機で2番・源田壮亮選手の放った打球は左中間を破り、勝ち越しの適時三塁打に。続くスパンジェンバーグ選手も適時打を放ち、4対1と勝ち越しに成功する。

 8回表に登板した平良海馬投手は無死1、2塁のピンチを招いたが、3番・浅村栄斗選手を3球三振、続く4番・島内宏明選手も併殺打で切り抜ける。8回裏にも金子侑司選手の適時打で1点を追加し、4点リードで迎えた9回表はギャレット投手が無失点に抑え試合終了。5対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は先発・ノリン投手が緊急降板も、後を受けた救援陣が奮闘。中塚投手が2イニングを1失点に食い止めると、その後は6投手が無失点でつないだ。打っては源田選手が決勝打含む3安打の活躍。森選手も8投手を好リードしながら3安打を記録した。一方の楽天は、打線が好機を生かしきれず。終盤に勝ち越しを許し、連敗を喫した。

 なお、埼玉西武の先発・ノリン投手は左肩に強い張りを感じたため交代。病院には行かずアイシング治療で様子を見ると球団が発表している。

  123456789 計 楽 010000000 1 西 00010031X 5 楽 石橋良太-D.J.ジョンソン-●酒居知史-津留崎大成-安樂智大-池田駿 西 ノリン-中塚駿太-小川龍也-國場翼-宮川哲-○森脇亮介-平良海馬-ギャレット 文・丹羽海凪