9月25日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天イーグルスの第15回戦は、5対4で埼玉西武が勝利。終盤までもつれるシーソーゲームを制した。

 埼玉西武・ニール投手、楽天・塩見貴洋投手の両先発で始まった試合は拮抗した展開となった。4回表、2死1塁から5番・島内宏明選手の適時二塁打で楽天が先制すると、直後の4回裏、無死1、2塁から4番・メヒア選手の適時打で埼玉西武がすぐさま同点に追い付く。

 楽天は5回表、2死1、2塁から2番・鈴木大地選手の適時打で再びリードを奪ったが、5回裏に埼玉西武が反撃。2死1、3塁からメヒア選手の2点適時打で逆転に成功し、楽天・塩見投手を引きずり下ろす。続く5番・中村剛也選手にも適時打が生まれ、この回3点を挙げる。

 埼玉西武・ニール投手は6回表、無死1塁から5番・島内宏明選手に適時三塁打を浴び、6回途中6安打2四球5奪三振3失点で降板。2番手・宮川哲投手は、1死1、3塁から代打・銀次選手に犠飛を許し、試合は振り出しに。

 4対4で迎えた7回裏、1死2塁から3番・スパンジェンバーグ選手の適時打で埼玉西武が勝ち越しに成功。8回表を平良海馬投手が無失点でつなぐと、9回表は守護神・増田達至投手が走者を背負いながらも無失点で抑え、5対4で試合終了。

 勝利した埼玉西武はスパンジェンバーグ選手が決勝打、メヒア選手が2安打3打点と助っ人が躍動。一方敗れた楽天は、先発・塩見貴洋投手が5回途中4失点と振るわず。打線もあと一歩及ばなかった。

  123456789 計 楽 000112000 4 西 00013010X 5 楽 塩見貴洋-津留崎大成-福山博之-●牧田和久-青山浩二 西 ニール-宮川哲-○森脇亮介-平良海馬-S増田達至 文・高橋優奈