9月24日、メットライフドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第18回戦は、12対2で北海道日本ハムが快勝。北海道日本ハムがカード勝ち越しを決めた。

 

 北海道日本ハムは2回表、埼玉西武先発・伊藤翔投手から先頭の大田泰示選手が17試合連続となる安打で出塁すると、続くビヤヌエバ選手の安打、1死から清水優心選手の四球で満塁の好機を演出。ここで、西川遥輝選手がセンターへ犠飛を放ち、1点を先制。3回表には大田選手の適時打でさらに2点を追加した。

 4回表に西川選手の4号ソロ、5回表には渡邉諒選手が三塁打を放つと、大田泰示選手の内野ゴロが守備の乱れを誘い、計2点を追加。6回表にも近藤健介選手と、中田翔選手に適時打が飛び出し、7対2で試合は終盤へ。

 北海道日本ハム打線の勢いは止まらず、7回表には西川選手、近藤選手、中田選手の適時打で4点を追加。8回表にも代打・杉谷拳士選手の適時打で1点を追加し、8回が終わって19安打12得点と打線が爆発した。

 北海道日本ハム先発・上原健太投手は1回、2回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。3回裏に味方の失策、4回裏に中村剛也選手の7号ソロで計2点を失うも、その後は立ち直り、今季初勝利へ気迫のこもった投球を見せ、7回103球5安打1四球9奪三振2失点(自責1)でマウンドを降りた。8回以降は公文克彦投手、金子弌大投手がそれぞれ3人で締め、12対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、ビヤヌエバ選手が4安打を放つなど、打線がつながり20安打で12得点を挙げた。先発の上原投手は待ちに待った今季初勝利。テンポの良い投球で打線の爆発を呼び込んだ。

 一方の埼玉西武は、先発の伊藤投手が3.1回6安打4失点で降板。後を受けたブルペン陣も、北海道日本ハムの勢いを止められず、大量失点。中村剛也選手のメットライフドーム200号も空砲で終わり、2カード連続の負け越しとなった。

  123456789 計 日 012112410 12 西 001100000 2 日 ○上原健太-公文克彦-金子弌大 西 ●伊藤翔-小川龍也-ギャレット-十亀剣-田村伊知郎-中塚駿太 文・鈴木海斗