9月22日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第19回戦は、1対0でオリックスが勝利。山本投手、千賀投手の投げ合いで始まった投手戦を、主砲・吉田正選手の一発で制した。

 オリックスは2回表、この回先頭の吉田正尚選手がライトへ一直線に伸びる12号ソロを放ち、福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手から先制に成功。先発の山本由伸投手は初回から1死1、2塁のピンチを背負ったが、中軸を打ち取り無失点で立ち上がる。

 その後は両軍ともに無得点と息の詰まる投手戦が続き、試合は終盤へ。山本投手は5回以降を完璧な投球で抑え、7回3安打2四球7奪三振無失点でマウンドを後続に託した。8回裏にはヒギンス投手が1死3塁のピンチを背負うも、ライナー併殺で切り抜け無失点でつなぐ。9回裏にはディクソン投手が登板し、危なげなく抑え1対0で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発の山本投手が7回無失点の快投で今季6勝目。主砲・吉田正選手のソロ本塁打の1点を守り切り、千賀投手との投手戦を制した。一方の福岡ソフトバンクは先発・千賀投手が8回5安打9奪三振1失点の熱投も、打線が散発4安打と援護できなかった。

  123456789 計 ソ 010000000 1 オ 000000000 0 ソ ●千賀滉大-松本裕樹-嘉弥真新也 オ ○山本由伸-ヒギンス-Sディクソン 文・丹羽海凪