9月20日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天イーグルスの第18回戦は、楽天が3対2で勝利を飾り、カード勝ち越しを決めた。

 

 福岡ソフトバンクは3回裏、8番・甲斐拓也選手が楽天の先発・岸孝之投手の直球を捉えて7号ソロをたたき込み、1点を先制する。しかし直後の4回表、2番・鈴木大地選手に3号ソロが生まれ、楽天がすぐさま同点に追い付いた。

 5回以降は岸投手、石川柊太投手の両先発投手が決定打を許さない投球を続け、試合はこう着状態に入ったが、7回表に楽天が均衡を破った。6番・ロメロ選手が19号ソロをスタンドにたたき込み、楽天が勝ち越しに成功。さらに9回表には5番・島内宏明選手がダメ押しの一発を放ち3対1と福岡ソフトバンクを突き放す。

 楽天の先発・岸孝之投手は6回85球4安打1失点の快投を披露。勝利投手の権利を得て、マウンドを後に託す。7回を任された2番手・寺岡寛治投手は2死3塁のピンチを迎えるも代打・デスパイネ選手を右飛に打ち取り、得点を許さず。3番手の牧田和久投手も無失点に抑えると、最終9回裏はブセニッツ投手が1点を失うも、リードは譲らず試合終了。

 勝利した楽天は、投手陣が奮闘。岸投手は甲斐選手に一発を浴びるも、その後は福岡ソフトバンク打線を無失点に抑え込み、7月4日以来となる白星を飾った。打線は鈴木選手、ロメロ選手、島内選手による本塁打で投手陣を援護した。

 敗れた福岡ソフトバンクは先発の石川柊太投手が8回102球5安打2失点の好投を見せたが、前回登板と同じく援護に恵まれず敗戦投手となった。打線は最終回に追い上げを見せるも、一歩及ばなかった。

  123456789 計 楽 000100101 3 ソ 001000001 2 楽 ○岸孝之-寺岡寛治-牧田和久-Sブセニッツ ソ ●石川柊太-松本裕樹 文・下村琴葉