9月19日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第17回戦は、3対1で北海道日本ハムが勝利。投打がかみ合い、今カード勝ち越しを決めた。

 

 

 

 

 北海道日本ハムの先発は有原航平投手。2回表には1死2、3塁のピンチを切り抜け、5回8回を3者凡退に抑えるなど、要所を締める投球で8回無失点でマウンドを降りた。打線は1回裏、先頭打者・西川遥輝選手が四球により出塁。すると続く松本剛選手の犠打、近藤健介選手の四球で1死1、3塁と好機を拡大し、4番・中田翔選手の犠飛で幸先よく1点を先制する。

 追加点を取りたい中盤の6回裏には、千葉ロッテの2番手・チェン投手から中田選手、渡邉諒選手の連打などにより1死満塁とする。この絶好機に代わった3番手・東條大樹投手から代打・大田泰示選手の適時打と敵失策により2点を追加し、スコアは3対0に。

 3点リードの9回表は宮西尚生投手が登板。清田育宏選手の適時二塁打により1点を献上するが、後続を打ち取り3対1で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の有原航平投手が8回5安打2四球無失点の好投。投打がかみ合い、一度もリードを許さない試合運びを見せた。一方敗れた千葉ロッテは、先発の石崎剛投手がプロ初先発で3回無安打5四球1失点。打線は有原投手の前につながりを欠き、最終回に1点を返すも及ばなかった。

  123456789 計 ロ 000000001 1 日 10000200X 3 ロ ●石崎剛-チェン-東條大樹-澤村拓一-山本大貴 日 ○有原航平-S宮西尚生 文・鈴木優菜