■東京大vs法政大
東大 000 010 010=2
法大 002 010 01X=4
【東】●井澤、小宗、奥野-大音、松岡泰
【法】○鈴木、山下輝-大柿

◎法政大・青木久典監督
「厳しいリーグ戦になると思っていたので、まず初戦を取れてよかった。(先発の)鈴木も開幕戦の硬さがありましたけど粘り強くなげてくれた。まず1勝したことによってリラックスできて明日のゲームに臨める。一戦必勝で戦っていきたい。(春季リーグから外野スタンドで応援団が入り)応援がある中で野球ができることに感謝したい。応援団の方々も長い下積みがあっての晴れ舞台ですし、ここで応援できたことは良かった。(普段は内野席、今回は外野席からの応援だったが)距離も感じず、いつも以上に声も聞こえました。本当に素晴らしい応援でしたし、我々に力を与えてくれました。」

◎法政大・鈴木昭汰(4年・常総学院)
「調子は悪かったので、粘り強いピッチングに、と気持ちを切り替えた。点を取ってもらったので楽に投げることができた。真っ直ぐの状態が良くなくて思うところに行かなかったけど、変化球で立て直すことができた。スライダーとツーシームが良かった」