9月18日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天イーグルスの第16回戦は、9対3で福岡ソフトバンクが勝利。15安打で9得点を挙げ、カード初戦を制した。

 福岡ソフトバンクの先発はムーア投手。初回に2安打で1死1、2塁のピンチを招いたが、後続を打ち取って無失点で切り抜けると、以降は危なげない投球を披露。6回まで無失点の好投を見せた。

 打線は初回、先頭の周東佑京選手が二塁打で出塁すると、中村晃選手の適時二塁打で先制に成功。なおも柳田悠岐選手が安打で続くと、グラシアル選手の犠飛で1点を追加し、楽天先発の石橋良太投手から2点を先行した。

 6回裏には代わった青山浩二投手から、甲斐拓也選手、川瀬晃選手が連続適時打を放ち、ノックアウト。3番手の池田駿投手からも栗原陵矢選手の適時打で追加点を挙げ、5対0の福岡ソフトバンクリードで試合は終盤へ。

 7回表のマウンドにも上がったムーア投手だったが、無死2塁からロメロ選手に18号2ランを許すと、続く渡邊佳明選手を打ち取ったところで降板。後を受けた嘉弥真新也投手が2死1、2塁のピンチを招いたが、ここは高橋礼投手が無失点で切り抜けた。

 8回表をモイネロ投手が無失点でつなぐと、打線が8回裏に中村晃選手の適時打、柳田悠岐選手の24号2ラン、牧原大成選手の適時二塁打で4点を追加。最終回に古谷優人投手が1点を返されたが、続くピンチを泉圭輔投手が締め、9対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、ムーア投手が6.1回5安打2四球6奪三振2失点の好投で自身3連勝。打線では周東選手が4安打、中村晃選手が3安打2打点の活躍を見せた。

 一方敗れた楽天は、石橋投手が5回6安打3四死球2失点の力投も、2番手の青山投手が3失点と粘れず。打線も8安打3得点と援護できなかった。

  123456789 計 楽 000000201 3 ソ 20000304X 9 楽 ●石橋良太-青山浩二-池田駿-津留崎大成-宋家豪-鈴木翔天 ソ ○ムーア-嘉弥真新也-高橋礼-モイネロ-古谷優人-泉圭輔 文・東海林諒平