9月17日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第17回戦は、8対0で千葉ロッテが勝利。投げては先発の岩下大輝投手が9回途中1失点、打っては3本塁打を含む12安打で8得点を挙げ、連敗を「2」で止めた。

 千葉ロッテは2回表、5番・清田育宏選手の二塁打と敵失策で無死1、2塁の好機を得ると、岡大海選手の犠打に野選と悪送球が絡み1点を先制。なおも1死2、3塁の場面で柿沼友哉選手が見事スクイズを成功させると、3回表にはマーティン選手の21号ソロ、4回表にも角中勝也選手の適時二塁打で追加点を挙げ、埼玉西武の先発・内海哲也投手から4点を先行した。

 大きな援護を受けた岩下投手は、テンポの良い投球で埼玉西武打線に付け入る隙を与えない。4回以降は5イニング連続で3者凡退に抑える完璧な投球を見せるが、9回裏に源田壮亮選手に適時二塁打で1点を返されたところで降板。しかし、後を受けた山本大貴投手が後続を切って試合終了。6回表に角中選手の2号2ラン、8回表にもマーティン選手の22号2ランで追加点を挙げた千葉ロッテが8対1で快勝した。

 千葉ロッテは、岩下投手が8.0回4安打5奪三振1四球1失点で5勝目をマーク。打っては1番に起用された角中選手が本塁打を含む3安打3打点と起用に応えた。一方敗れた埼玉西武は、内海投手が4回5安打2四球4失点(自責2)の内容。後を受けたリリーフ陣も千葉ロッテの勢いを止められなかった。

  123456789 計 ロ 021102020 8 西 000000001 1 ロ ○岩下大輝-山本大貴 西 ●内海哲也-十亀剣-伊藤翔 文・東海林諒平