9月16日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第16回戦は、3対1で埼玉西武が勝利。「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP! DAY」としてグリーンキャップを着用したナインは投打がかみ合い3連勝、プロ初先発の浜屋将太投手は初勝利を手にした。

 柘植世那選手とのルーキーバッテリーで始まったこの試合、浜屋投手は初回を3者凡退に打ち取る上々の滑り出しを見せると、その裏に栗山巧選手が「手ごたえバッチリ」と振り返る9号ソロで援護する。

 その後両軍に得点が生まれず沈黙が続いた5回裏、再び試合が動き出す。この回先頭の柘植選手が左安打で出塁すると、続く金子侑司選手が送りバントを決め1死2塁のチャンスをつくる。ここで外崎修汰選手に適時打が生まれ2対0とすると、さらに栗山選手が3打席連続安打となる右適時打を放ち3対0。無失点投球を続けるルーキーに打線も奮起した。

 援護をもらった浜屋投手は6回表に1点を返されるも、後続をきちんと打ち取り最少失点でその場をしのぐ。7回表からは森脇亮介投手、平良海馬投手増田達至投手が無失点でつなぎ3対1でゲームセット。埼玉西武が3連勝でカード勝ち越しを決めた。

 浜屋投手は6回4安打1失点の好投で堂々のプロ初勝利。「柘植さんがすごくいいリードをしてくれたと思います。相手打者を差し込むことができたところもありましたし、球の走り自体は良かったのかと思います」と自身の投球を振り返った。打線はベテラン・栗山選手が4打数4安打2打点1本塁打と怒とうの活躍を見せ、ルーキーの初勝利を後押しした。

 一方敗れた千葉ロッテは小島投手が4.2回7安打3失点。4回裏には無死1、2塁から無失点で切り抜ける粘投を見せるも、5回裏に連続安打を浴び無念の降板となった。打線は中村奨吾選手に適時打が生まれるもチーム4安打に終わり2連敗となった。

  123456789 計 ロ 000001000 1 西 10002000X 3 ロ ●小島和哉-東條大樹-永野将司-小野郁-唐川侑己 西 ○浜屋将太-森脇亮介-平良海馬-S増田達至 文・北嶋楓香