クライミングの愛好家が17日、岩手県大船渡市盛町で、道具を使わずに壁を登るボルダリング施設を開業する。

 「クライミングジム マカルー」を開くのは千田真一郎さん(39)。ロッククライミングが趣味で、大船渡市の友人と「市内にもボルダリングを気軽に楽しめる施設を造りたい」と倉庫を借りて整備した。

 高さ約4メートル、幅約27メートルの人工の壁に、手や足をかけるホールドと呼ばれるでっぱりがあり、難易度に応じた10のコースがある。千田さんは「ボルダリングは性別、年齢を越えて楽しめる。体力だけでなく、考えて登るのが魅力」と話す。

 平日は午後2時~午後10時、土日祝日は午後8時まで。一般は1日1700円、中学生以下は同1200円で、初回登録料は1千円。問い合わせは17日以降に同ジム(0192・22・9977)へ。(大久保泰)