9月13日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第17回戦は、9対2で千葉ロッテが勝利。中盤に追い付かれるも、終盤にオリックスの救援陣を捉えて大量得点を挙げ、連勝を飾った。

 試合は序盤から動いた。1回裏、千葉ロッテ打線は1番・加藤翔平選手が四球で出塁する。続く2者は三振に倒れ2死となるが、加藤選手が盗塁を決め2塁に進んだところで4番・安田尚憲選手の適時二塁打で先制。3回裏には安田選手が2打席連続適時二塁打を放ち1点を追加する。降雨による試合中断もありながら、オリックスの先発・張奕投手から2点を奪った。

 先発・美馬学投手は降雨の中でも落ち着いた投球でオリックス打線を抑えていく。しかし5回表にT-岡田選手の適時二塁打で1点を失うと、6回表には吉田正尚選手に同点適時二塁打を許す。なおも2死2塁から安打を浴びたが、ここは右翼手のマーティン選手の好返球によって勝ち越しは阻止された。同点の7回表を美馬投手は無失点に終え、7回8安打7奪三振2失点でマウンドを降りた。

 美馬投手の好投に応えたい打線は7回裏、2死から柿沼友哉選手、加藤選手の安打などで満塁とする。ここで代打・清田育宏選手の放った打球が内野へのゴロとなり、一時判定はアウトに。しかしリクエストの結果、判定セーフとなり勝ち越しに成功。続く安田選手も本日3本目の2点適時打を放つと、敵失策に乗じてさらに1点を追加。6対2と試合の流れを一気に引き寄せた。

 勝ち越し後の8回表は小野郁投手が無失点でつなぐと、8回裏には連打などで満塁としマーティン選手の適時打で3点を追加。7点リードとなった9回表は永野将司投手が走者を出しながらも無失点に抑えて9対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発・美馬投手が7回2失点の好投で7勝目を挙げた。打っては安田選手が3安打4打点の活躍。終盤2死からつなぐ勝負強さで試合を決めた。一方敗れたオリックスは先発の張投手が5回2失点と試合をつくり、打線も同点には追い付くも逆転できず。終盤に救援がつかまり天敵・千葉ロッテに今季14敗目を喫した。

  123456789 計 オ 000011000 2 ロ 10100043X 9 オ 張奕-富山凌雅-●山田修義-飯田優也 ロ ○美馬学-小野郁-永野将司 文・丹羽海凪