国際スポーツクライミング連盟(IFSC)は1日、今月11日~13日にアメリカ・ソルトレイクシティで、来月に韓国・ソウルで開催する予定だったクライミングW杯2大会を中止すると発表した。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、多くの国で行われている渡航制限、感染拡大防止策、また各国競技連盟の意向も踏まえたうえで中止の判断が下された。IFSCは、アメリカ、韓国の競技連盟に対し「ここ数ヶ月の間に行われた様々な調整に感謝している」とコメントしている。

 W杯の2020シーズンは、先月にフランス・ブリアンソン大会が初戦として行われたばかりだったが、これで年内のスケジュールは白紙となった。

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮