「高校野球大阪大会・3回戦、履正社8-0四條畷」(2日、南港中央野球場)

 履正社が「3番・三塁」で出場した小深田大地内野手(3年)の1打数1安打2打点の活躍など既定により七回コールドでで4回戦進出。これで小深田は初戦の北かわち皐が丘戦の3打数3安打4打点に続き、2試合で打率10割を継続中だ。

 初回は四球で出塁すると、1点リードの三回1死二塁の好機ではしっかりと中前適時打で追加点。「長打を狙ってましたが欲を出したらだめだなと思って、センターを意識しながらですけど。しっかりセンター前を狙いました」。四回は四球を選ぶと、六回1死二、三塁からは左翼への犠飛でチーム7点目を追加した。

 大阪大会は日程変更で準決勝打ち切りで、現時点では5回戦までの組み合わせが決定。大阪での「2強」とされる大阪桐蔭とは決勝での対戦は実現しないが、準々決勝以降で対戦の可能性はある。小深田の決意は固い。

 「決勝にどちらも勝ち上がって(大阪桐蔭と)最後にやれないというのは悔いが残らないというのはウソになりますけど、桐蔭だからと言って(先を意識して)目の前の試合をムダにすると足元をすくわれてしまう。特別に意識をすることなく、普通にやれば勝てるチームだと思っているので」

 昨秋の大阪大会では決勝で大阪桐蔭に敗戦。チームとしては借りを返すという気持ちが強い。小深田は「秋に負けてますけど、やって、終わりたいという気持ちです。最後は準決勝で勝って終われればいいですけど、目の前の試合をしっかり戦っていきたい。優勝がなくてもあっても、負けたら意味がないので」と意気込んだ。

 また、この日1安打1打点で大会初安打初適時打を記録した主将の関本勇輔捕手(3年)も「(大阪桐蔭への)意識はあります。(秋は)勝てた試合でもありましたから。チーム全体として、桐蔭を倒すというのを夏の目標にしていたので」ときっぱり。無敗で夏を終えるため、どこが相手でも勝ち続ける。