8月1日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天イーグルスの第11回戦は、8対0で楽天イーグルスが勝利。序盤から大量得点を挙げるなど投打かみあった展開で快勝を収めた。

 楽天打線は1回表、千葉ロッテの先発・種市篤暉投手を捉える。連打などで2死1、3塁とすると、5番・島内宏明選手の適時打で先制。さらに満塁にチャンスを拡大すると、7番・内田靖人選手がバックスクリーンに飛び込む5号満塁弾を放ち、初回から5点のリードを奪った。

 初回こそ5得点を挙げた打線だったが、5回までは毎回安打も得点できず。なんとか追加点が欲しい6回表、先頭の8番・足立祐一選手の安打などで2死満塁とする。ここで4番・浅村栄斗選手が走者一掃の適時二塁打を放ち、ダメ押しの3点を挙げスコアは8対0に。

 大量援護を受けた先発の塩見貴洋投手は、6回まで1安打と千葉ロッテ打線を圧倒。7回裏には連打を浴び2死1、3塁とピンチを背負ったが、0で終え7回3安打4四球無失点でマウンドを降りた。8回からはJ.T.シャギワ投手が登板。2イニング目となった9回裏に走者を許すも無失点で締め、8対0で試合終了。

 勝利した楽天は先発・塩見投手が7回無失点の快投で今季2勝目。救援陣も無失点に抑え、完封リレーを完成させた。打線は初回から内田選手に満塁弾が生まれるなど5得点。さらに浅村選手のダメ押し打で追加点を挙げ、16安打8得点をマークした。一方の千葉ロッテは先発・種市投手がまさかの8失点。打線も四球などで走者を出しながら3併殺とチャンスを広げられず、無得点に終わった。

  123456789 計 楽 500003000 8 ロ 000000000 0 楽 ○塩見貴洋-J.T.シャギワ ロ ●種市篤暉-永野将司-小野郁 文・丹羽海凪