日本女子プロゴルフ協会は31日、トーナメント新型コロナウイルス感染症対策特別規定6点の改正を発表した。

 最も大きな変更点は、「14日以内に外国訪問歴があっても、日本入国時に行うPCR検査で陰性判定を受けた上で政府から要請される自主隔離期間が大会前日までに終わる場合など、トーナメント事業部が承認した場合は、トーナメントに出場できるようになった」こと。これまでは「指定練習日初日から14日以内」に海外渡航歴のある場合は出場できなかった。

 この変更で渋野日向子(21)=サントリー=らは8月のメジャー、AIG全英女子オープン(20日開幕・ロイヤルトルーンGC)に出場後、9月のメジャー、日本女子プロ選手権(10日開幕、岡山・JFE瀬戸内海GC)への連戦が可能となった。