「巨人5-2DeNA」(30日、東京ドーム)

 巨人・戸郷が七回途中2失点の好投で2勝目。初回、3安打を集中されて2失点したが、二回以降は立て直した。

 デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「戸郷は立ち上がりが悪い。今日も初回はばらつきがあり、高めに浮いた球を仕留められた」と振り返ったが、注目したのはマウンド上での戸郷の雰囲気。「高卒2年目とは思えない落ち着きがある。一回、いきなり打たれても表情が変わらないし、失点してもひょうひょうと投げている。二回からは何事もなかったように修正している。簡単そうに見えるけど、高卒2年目の投手がなかなかできないよ」と評価した。

 二回から六回までは無安打に抑える快投。関本氏は「全体的には荒れていたけど、それが戸郷の持ち味。右バッターの膝元にビシッと決まるストレートが効いていた。DeNAの早打ちにも助けられた」と振り返った。

 山口俊が抜けて不安も指摘されていた巨人だが、ここまでは先発陣が安定。戸郷もその一員として、しっかり役割を担っている。