広島のホセ・ピレラ外野手が30日、積極的なスイングの継続を誓った。

 助っ人は開幕から9試合連続で「1番」でスタメン出場し、打率・333で2本塁打。得点圏打率はチーム2番目の・500だ。

 来日1年目の開幕から結果を出し続けられている要因を「色んなスタイルで組み立ててくる。受け身になるとイージーアウトが増える。対応するために、積極的に臨んでいる」と自己分析した。四球数0も、攻撃的な打撃を物語っている。

 この日は雨天中止になったため、神宮球場の室内で練習した。開幕から4カード連続だったビジターでの戦いは、残り2試合になった。チームはここまで5勝3敗1分だ。リードオフマンとして「球がよく見えているし、この状態を続けていきたいね」と前を見据えていた。