「西武3-2オリックス」(30日、メットライフドーム)

 オリックスが泥沼の7連敗を喫した。打線は6安打2得点に抑えられ、失策がからんで3失点。今季の9敗のうち、これで1点差負けは6試合目。またも接戦をものにできなかった。

 西武先発・高橋光を攻略しきれなかった。二回は無死からジョーンズが中前打で出塁したが、続くT-岡田が併殺。四回は1死から吉田正が左翼線二塁打で出塁。その後2死一、三塁としたがロドリゲスが遊飛に倒れた。

 七回は無死からT-岡田が二塁打で出塁、ロドリゲスの左越え2ランで1点差としたが、続く2死一、三塁の好機を逸した。

 先発アルバースは西武打線を四回2死まで無安打に抑えていたが、四球と外崎の左前打、失策で満塁とされ、栗山に2点適時打を浴びた。4回0/3を3安打2失点だった。六回には失策もからんで無安打で1点を献上した。

 オリックスの7連敗は、昨年9月1日~11日に記録した9連敗以来。