「西武-オリックス」(30日、メットライフドーム)

 オリックスの先発アルバースは五回途中3安打2失点で降板した。

 三回まで無安打4奪三振の力投。四回2死から山川四球のあと、外崎に初安打を許した。中村は一ゴロ失策で満塁とされ、栗山の中前適時打で先制点を奪われた。

 「調子自体も悪くなかったし、四回まではいいピッチングができていたと思う。ただ、ファウルで粘られることも多く、球数が多くなってしまっていた。四回の場面はアンラッキーな部分もあったけど、なんとか粘りたかった」

 アルバースは五回先頭の金子に内野安打を打たれたところで球数92球となり交代。2失点も自責点は0だった。