「巨人-DeNA」(30日、東京ドーム)

 巨人・岡本が技ありの同点打を放った。

 1点を追う六回、1死一、二塁。国吉が投じた外角低めのカットボールに対し、軽打で右翼線へ運んだ。二走・丸が生還して同点。岡本は一塁ベース上で右手を突き上げた。

 これで今季の得点圏打率・857(7打数6安打)まで上昇。4番がまたも勝負強さを示した。

 さらにパーラが左前適時打を放ち、逆転に成功した。