巨人・原辰徳監督(61)が30日、チームに合流即1軍登録されたゼラス・ウィーラー内野手(33)に高い期待感を示した。

 ウィーラーはこの日、東京ドームを訪れ、原監督とも移籍後初対面を果たした。さっそく巨人のユニホームに袖を通してDeNA戦前の練習を行い、フリー打撃では6発のサク越えも披露。動きを確認した指揮官は「いやいやもう、話してもやる気満々。水を得た『フィッシュ』のごとく、という感じだね」と出場機会に飢えていた男の並ならぬ意欲を感じ取った。

 この日の練習ではウィーラーは左翼の守備に就いた。指揮官は新助っ人の基本守備位置を一塁か左翼としている。「内野も外野も守ってくれるのは非常に大きなこと。(岡本がいる)サードは考えてはおりませんが、サードも守れるというのは大きい。チームの中でレギュラーとして、あるいはサブプレーヤーとしても大変な戦力になってくれる」と有事の際などのオプションとして、三塁を守れることも評価していた。