<イースタン・リーグ:ヤクルト3-1ロッテ>◇30日◇戸田

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(19)が、雨が降る中、プロ2戦目となる先発マウンドに上がった。大村とのバッテリー。

いきなりロッテの1番藤原と対決。初球は148キロ直球でファウル。カウント0-2の5球目に、145キロで二ゴロに打ち取った。

2番平沢の5球目に、この日最速となる154キロを計測したがボール。カウント2-2になったところで、雨が強くなったため試合は中断に入った。

約10分間の中断をはさみ、再開。奥川は、平沢をフルカウントから直球で見逃し三振。

3番菅野は、初球の128キロカーブで捕邪飛に打ち取り、1回は13球で3者凡退とした。

2回からは、新加入のクックが2番手としてマウンドに上がった。

奥川は、2試合連続で1イニングのみの登板となった。

試合は6回途中、降雨コールドゲームとなった。