オリックス・西村徳文監督(60)は29日、ローテ再編に着手した。プロ未勝利の6年目・鈴木優投手(23)を西武との第2戦となる7月1日(メットライフドーム)に抜てき。さらに2軍から山崎福也投手(27)、榊原翼投手(21)を緊急召集。史上初の同一カード6連戦6連敗に沈んだ前週の重い空気をフレッシュな力で吹き飛ばす。

 26日・ロッテ戦で負傷降板した山岡をはじめ、K-鈴木、村西と開幕ローテを担った3人が登録抹消という非常事態。鈴木は山岡のあとを受けスクランブル登板。3回2失点でプロ初ホールドを記録した投球が認められ抜てきとなった。

 「勝ちというのを意識し過ぎないように、テンポよく楽しみながら投げることで結果的に勝ちにつながってくれたらと思います」

 山崎福は23日のウエスタン・阪神戦(甲子園)で6回無失点と好投。昨季3勝を挙げた榊原は不調で出遅れたが直球は150キロ超に回復。いずれも上昇気配にある3人がチームの救世主となる。