国際スポーツクライミング連盟は26日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた2020年のクライミングW杯シリーズについて、8月開幕に向けた新日程を発表した。

 今回アナウンスされたのは、8月21日~22日のフランス・ブリアンソン大会から、12月4日~6日の中国・廈門大会までの6大会。

W杯2020シーズン 新スケジュール

8月21日~22日
 フランス・ブリアンソン大会(L)
9月11日~13日
 アメリカ・ソルトレイクシティ大会(B・S)
10月7日~11日 ※詳細日程は調整中
 韓国・ソウル大会(B・L・S)
10月23日~25日
 中国・重慶大会(B・S)
10月30日~11月1日
 中国・呉江大会(B・S)
12月4日~6日
 中国・廈門大会(L・S)

※B=ボルダリング、L=リード、S=スピード

 上記大会は、ソーシャルディスタンスの確保など新型コロナウイルス感染予防策を講じたうえで実施される。また、国ごとに渡航制限が発令されており、大会によっては一部選手の参加が許可されない場合もあることから、2020年は成績によって得られるポイント制度を実施せず、世界ランキングやW杯年間ランキングに対するポイント付与を行わないことが発表された。

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮