◆JERAセ・リ-グ ヤクルト0―12巨人(28日・神宮)

 巨人が13安打今季最多12得点の猛攻でヤクルトに快勝した。2回2死満塁から、1番で今季初スタメンの増田大が押し出し四球を選び先制。2番に入った丸も右前2点打を放ち、ヤクルト先発・山田大をKOした。坂本、岡本も適時打で続き、この回一挙5点。好調の打線が序盤で試合を決め、首位を守った。

 ◆原監督に聞く

 ―2回に一挙5点の猛攻で主導権を握った。

 「まあ、やっぱり集中力を一人一人が持っていたということだろうね」

 ―丸も2点適時打。

 「今シーズンで、一番いいところで打ったのではないかな(笑い)」

 ―今季2度目となる2番・丸、3番・坂本が機能した。

 「(相手が)左ピッチャーの時は、それの方が相手チームは嫌なのかなという感じはする」

 ―今季最多の12得点、投手陣も初の0封と投打がかみ合った。

 「そうだね。結果的に少し点差も離れたという点は良かったと思う」