「DeNA9-1阪神」(28日、横浜スタジアム)

 今季初の連勝を狙った阪神だったが、DeNAに敗戦。ソフトバンクから移籍した中田が先発したが4回7安打3失点。五回の攻撃で代打を送られて降板した。

 先制の1点をもらって迎えた初回のマウンド。2死二塁から佐野の左越え適時二塁打、宮崎の右中間適時二塁打、戸柱の中前適時打で逆転を許した。立ち上がりの3失点が痛かった。

 矢野監督は「まあ立ち上がりはみんな難しいからね。佐野やったっけ?追い込んでちょっと高く真っすぐいったのが、まあね。全体的にあそこはコースが高くなったかなというのはあったけど」と初回の失点を分析した。

 その上で「ボール自体は結構いいのが来てたし、そのあと粘ったというのは評価できるしね」と中田の投球自体については及第点という判断。次回登板についても「もう一回チャンスあるっていう球に俺は見えたんだけど」と明かした。

 先発投手陣が試合を作れていない状況が続く。「チーム状況を考えたら、追いつかないと勝ちはないんでね。そういうところで代えていくしかないところで」と話した。