◆JERAセ・リーグ DeNA―阪神(28日・横浜)

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(32)が、7回にDeNA2番手の左腕・石田の前に見逃し三振に倒れ、左投手に対して来日後の実戦26打席ノーヒットとなった。

 3点を追う7回先頭。フルカウントまで持ち込んだが、最後は外角低めの147キロ直球に手が出なかった。前日27日のDeNA戦(横浜)では来日初打点となるタイムリーを放つなど、徐々に本来の姿を取り戻してきたが、苦手克服はならなかった。