6月28日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第6回戦は、4対3で埼玉西武が勝利。序盤に3点を先行されたが、3回以降は投手陣が無安打に抑えリズムをつくると、打線が連日の勢いのままに同点に追いつき、最後は森選手が試合を決めるサヨナラタイムリーを放った。

 1回表、埼玉西武の先発・與座海人投手は福岡ソフトバンクの2番・柳田悠岐選手に2試合連続の第3号ソロを浴び先制点を献上する。さらに2回表にも5番・明石健志選手、6番・今宮健太選手の連打などで2死満塁のピンチを背負うと、1番・栗原陵矢選手の2点タイムリーで序盤から3点を失った。

 いきなり3点ビハインドとなった埼玉西武打線だったが2回裏、福岡ソフトバンクの先発・二保旭投手から5番・外崎修汰選手の内野安打などで無死1,2塁とし、7番・栗山巧選手が三遊間を破るタイムリーで1点を返す。さらに3回裏、1死3塁の好機を得ると、3番・森友哉選手の内野ゴロの間に走者がかえり2対3となる。

 3回から與座投手は立ち直り、無安打ピッチングを披露。6回表には福岡ソフトバンク打線を3者凡退に打ち取り6回4安打3四死球3失点という内容でマウンドを降りた。すると直後の6回裏、山川穂高選手が3試合連続の第5号ソロで同点に追いついた。山川選手は「打てて良かったです!」と笑顔でコメントを残した。

 しかしその後は両軍のリリーフ陣が快投を見せる。埼玉西武が平井克典投手、ギャレット投手が無失点でつなぐと、福岡ソフトバンクも嘉弥真新也投手、モイネロ投手が無失点に抑える。7回以降は安打も出ず、両軍合わせ11三振と0行進が続き試合は最終回の攻防を迎えた。

 9回表は埼玉西武の守護神・増田達至投手が3者凡退に打ち取り、9回裏の攻撃。打線は福岡ソフトバンクの4番手・泉圭輔投手を攻める。先頭の川越誠司選手、続くスパンジェンバーグ選手が四球を選び無死1,2塁とすると、源田壮亮選手のバントが野選となり満塁とチャンス拡大。ここ一番の勝負強さを持つ森友哉選手がセンター前へヒットを放ち、3塁走者が生還。4対3で埼玉西武が今季初のサヨナラ勝利を挙げた。

 埼玉西武は先発・與座投手が立ち上がりに苦しんだものの、6回3失点と試合をまとめた。與座投手は降板後「慎重に行きすぎたのか、もっとガツガツ攻めても良かったかな、と思っています。次回登板まで、初回の入り方や、どうしたら大胆に攻められるかを、ゆっくり考えたいと思います」と反省を口にした。打線は山川選手が3試合連続の本塁打など、点差をものともせず追いつき、最後は森選手のタイムリーで今季初のサヨナラ勝利で6連戦を4勝2敗と勝ち越した。

 福岡ソフトバンクの先発・二保投手は序盤のリードを守り切れず「先に3点取ってもらったので、勝っている状況で中継ぎにバトンを渡したかった。6回3失点という結果以上に反省点の多い投球だったと思います」と最後の被弾を悔やんだ。後を受けた中継ぎ陣はさすがの投球を見せたが、打線が3回以降ノーヒットと援護できなかった。

  123456789

  計 ソ 120000000

  3 西 011001001X 4 ソ 二保旭-嘉弥真新也-モイネロ-●泉圭輔 西 與座海人-平井克典-ギャレット-○増田達至 文・丹羽海凪