「ロッテ-オリックス」(28日、ZOZOマリンスタジアム)

 オリックスの先発・山本は六回途中5失点でマウンドを降りた。

 初回に3点を先取してもらったが、二回に無死一塁からマーティンの一ゴロをT-岡田が失策で二、三塁。井上四球などの1死満塁から田村に2点打を許した。

 三回には荻野の二塁打から同点に追いつかれ、四回には藤岡の適時打で勝ち越しを許した。六回も2死1塁から井上に右前打を浴び、一、三塁とされたところで降板。マウンドを託した澤田も田村に中前タイムリーを許した。

 「立ち上がりはよかったんですが、二回以降、ピンチの場面で粘り切ることできず、失点を許してしまいました。調子自体もあまりよくなかったので、なんとか修正しようと思っていたんですが…最後まで修正できず、悔しいです」

 チームは八回に同点に追い付き、山本の黒星は消えた。