◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―巨人(28日・神宮)

 巨人の岡本和真内野手(23)が中前適時打を放ち、チャンスでの強さを見せつけた。

 4点リードにした直後の2回2死一、二塁。丸、坂本に続く3者連続タイムリーヒットで続いた。

 「ランナーをかえせて良かった。いい方向にしっかり打ち返せました」とコメント。

 この時点で、走者が得点圏にいる打席では6打数5安打、打率8割3分3厘と驚異的な数字となった。